日本ピューリタン教会 We Are the Japanese Puritan Church

Thursday, September 22, 2016

キリスト教徒と世俗的な政治 - Christians and Secular Politics


 公然とした口論とまでは発展しないとしても、議論に自然と火をつけるものがあるとすれば、それは政治に関する話し合いであり、信者の間ですらもそうでしょ う。キリストに従う者として、政治に対する私たちの態度や、政治への私たちの関与はどのようなものであるべきでしょうか。「宗教と政治は交じり合わない」 とは言われてきましたが、それは本当に真実でしょうか。私たちには、キリスト教信仰を考慮に入れないで政治的な見解を持つことができるでしょうか。その答 えは否です。それはできません。聖書は、私たちが政治や政府に対してとるべき姿勢に関し、二つの真理を与えてくれています。

一つ目の真理は、神の意志は人生のすべての側面に行き渡り、優先するものだということです。あらゆること、また、あらゆる人に勝るものは神の意志です(マ タイの福音書 6:33)。神の計画と目的は定まっており、神の意志は侵すことができません。神が意図されたことは、神が実現させ、どのような政府にも神の意志を妨害す ることはできないのです(ダニエル書 4:34-35)。実際、「王を廃し、王を立て」るのは神です(ダニエル書 2:21)。それは、「いと高き方が人間の国を支配し、これをみこころにかなう者に与え」るからです(ダニエル書 4:17)。この真理を明確に理解すれば、私たちには、政治というものが単に神がそのみこころを達成するために用いる一つの方法に過ぎないものであること が分かるでしょう。悪人が彼らの政治的権力を濫用して悪を計ったとしても、神はそれを善のために計り、「神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召 された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださる」のです(ローマ人への手紙 8:28)。

二つ目に、私たちは政府には私たちを救うことができないという事実を把握しなくてはなりません!それは神にしかできないことなのです。イエスや使徒たち が、異教に染まる世界に対し、その偶像崇拝的、非道徳的で堕落した慣習からその政府を通して改心させる方法を信徒たちに教えるために時間や努力を費やした とは、新約聖書のどこにも書かれていません。使徒たちが、ローマ帝国の不当な法律や残忍な策略に抗議するべく市民的不服従を実践するようにと信者たちに呼 びかけたことは、一度もありませんでした。その代わりに、使徒たちは、一世紀のクリスチャンたちにも、今日の私たちにも、福音を宣べ伝え、人を変えること のできる福音の力をはっきりと証明する生き方をするようにと命じたのです。

政府に対する私たちの責任が善良な市民として法に従うことであることには、疑問の余地がありません(ローマ人への手紙 13:1-2)。神がすべての権威を立てたのであり、神は私たちの益のために、「善を行うものをほめるように」(ペテロの手紙 第一 2:13-15)そうされるのです。パウロはローマ人への手紙(13:1-8)で、権威を持って私たちを支配し、(願わくは私たちの利益のために)徴税 し、平和を維持することが政府の責任であると教えています。私たちに発言権があり指導者を選ぶことができる場合には、私たちは、私たち自身の見解に最もよ く相似した見解を持つ人たちに投票することによって、その権利を行使するべきです。

サタンの最大の欺きの一つは、私たちが政治家や政府高官らの神を敬う生き方や社会的道徳性に希望を置くことができるというものです。国家の変化への希望 は、いかなる国の支配階級のうちにも見つかるものではありません。もしも教会が、聖書の真理とキリスト教的価値を弁護し、推進し、保護することが政治家の 仕事であると考えているなら、それは間違いです。

神から与えられている教会の特有の目的は、政治的能動主義にはありません。聖書には、私たちのエネルギーや、時間、お金を政府の活動に費やすようにと指示 している部分はどこにもありません。私たちの使命は、政治改革によって国家を変えることにではなく、神のみことばによって心を変えることにあります。信者 が、キリストの影響と成長とがどうにかして政府の政策と結び付けられることができると考えているなら、彼らは教会の使命を損なっているのです。私たちクリ スチャンの任務は、キリストの福音を広め、私たちの時代がかかえる罪を非難することです。社会において個人個人の心がキリストによって変えられていくにつ れ、ようやくその社会はその変化を反映し始めるものです。

信者たちは、時代を超えて、敵対的、抑圧的で非キリスト教的な政府の下に生き、繁栄さえしてきました。これは、非情な政治体制の下、莫大な社会的圧力の下 で信仰を維持した一世紀の信者たちに特に当てはまります。彼らは、政府ではなく、自分たちが世の光であり地の塩であることを理解していたのです。彼らは上 に立つ権威に従い、彼らを恐れ、敬い、彼らのために祈りなさいとまで言うパウロの教えを守っていました(ローマ人への手紙 13:1-8)。さらに重要なことは、彼らが、信じる者として、自分たちの希望は神のみが与えてくださる守りの中にあると理解していたことです。同じこと が今日の私たちにも当てはまります。私たちは、聖書の教えに従う時、神が意図されたとおりに世の光となるのです(マタイの福音書 5:16)。

政治組織は世の救世主ではありません。人類すべてのための救いはイエス・キリストのうちに現されました。いかなる国家政府が設立されるよりもずっと以前 に、神は私たちの世界が救いを必要とすることを知っておられました。神は、救いが人間の権力や経済力、軍事力や政治によって達成されうるものではないこと を世に示されました。心の平安、充足、希望、喜び、そして類の救いは、ただ、神の信仰と愛と恵みの御業によってのみ達成されるものなのです。

If there is anything that will spark a spontaneous debate, if not an outright argument, it is a discussion involving politics—even among believers. As followers of Christ, what should be our attitude and our involvement with politics? It has been said that “religion and politics don’t mix.” But is that really true? Can we have political views outside the considerations of our Christian faith? The answer is no, we cannot. The Bible gives us two truths regarding our stance towards politics and government.

The first truth is that the will of God permeates and supersedes every aspect of life. It is God’s will that takes precedence over everything and everyone (Matthew 6:33). God’s plans and purposes are fixed, and His will is inviolable. What He has purposed, He will bring to pass, and no government can thwart His will (Daniel 4:34-35). In fact, it is God who “sets up kings and deposes them” (Daniel 2:21) because “the Most High is sovereign over the kingdoms of men and gives them to anyone he wishes” (Daniel 4:17). A clear understanding of this truth will help us to see that politics is merely a method God uses to accomplish His will. Even though evil men abuse their political power, meaning it for evil, God means it for good, working “all things together for the good of those who love him, who have been called according to his purpose” (Romans 8:28).

Second, we must grasp the fact that our government cannot save us! Only God can. We never read in the New Testament of Jesus or any of the apostles expending any time or energy schooling believers on how to reform the pagan world of its idolatrous, immoral, and corrupt practices via the government. The apostles never called for believers to demonstrate civil disobedience to protest the Roman Empire's unjust laws or brutal schemes. Instead, the apostles commanded the first-century Christians, as well as us today, to proclaim the gospel and live lives that give clear evidence to the gospel’s transforming power.

There is no doubt that our responsibility to government is to obey the laws and be good citizens (Romans 13:1-2). God has established all authority, and He does so for our benefit, “to commend those who do right” (1 Peter 2:13-15). Paul tells us in Romans 13:1-8 that it is the government’s responsibility to rule in authority over us—hopefully for our good—to collect taxes, and to keep the peace. Where we have a voice and can elect our leaders, we should exercise that right by voting for those whose views most closely parallel our own.

One of Satan’s grandest deceptions is that we can rest our hope for cultural morality and godly living in politicians and governmental officials. A nation’s hope for change is not to be found in any country’s ruling class. The church has made a mistake if it thinks that it is the job of politicians to defend, to advance, and to guard biblical truths and Christian values.

The church’s unique, God-given purpose does not lie in political activism. Nowhere in Scripture do we have the directive to spend our energy, our time, or our money in governmental affairs. Our mission lies not in changing the nation through political reform, but in changing hearts through the Word of God. When believers think the growth and influence of Christ can somehow be allied with government policy, they corrupt the mission of the church. Our Christian mandate is to spread the gospel of Christ and to preach against the sins of our time. Only as the hearts of individuals in a culture are changed by Christ will the culture begin to reflect that change.

Believers throughout the ages have lived, and even flourished, under antagonistic, repressive, pagan governments. This was especially true of the first-century believers who, under merciless political regimes, sustained their faith under immense cultural stress. They understood that it was they, not their governments, who were the light of the world and the salt of the earth. They adhered to Paul’s teaching to obey their governing authorities, even to honor, respect, and pray for them (Romans 13:1-8). More importantly, they understood that, as believers, their hope resided in the protection that only God supplies. The same holds true for us today. When we follow the teachings of the Scriptures, we become the light of the world as God has intended for us to be (Matthew 5:16).

Political entities are not the savior of the world. The salvation for all mankind has been manifested in Jesus Christ. God knew that our world needed saving long before any national government was ever founded. He demonstrated to the world that redemption could not be accomplished through the power of man, his economic strength, his military might, or his politics. Peace of mind, contentment, hope and joy—and the salvation of mankind—is accomplished only through His work of faith, love, and grace.

Wednesday, September 21, 2016

苦しみでイエス Jesus in the Suffering

We love our pets. People we discard. We can go to jail for abusing animals. We pass by the suffering every day. Stop! Take time to love the weak and helpless.

ペットは愛されています。人々はを捨てことができます。動物を乱用するために刑務所に行きます。人々は毎日虐待されています。 やめる!人々に愛を示します。

Tuesday, March 22, 2016

ブリュッセルのための平和。Peace In Brussels.



ベルギーのために祈ります私たちの心はあなたとしています
Pray for Belgium.

Thursday, March 17, 2016

良い羊飼い The Good Shepherd



そこで、イエスはまた言われた、「よくよくあなたがたに言っておく。わたしは羊の門である。 わたしよりも前にきた人は、みな盗人であり、強盗である。羊は彼らに聞き従わなかった。 わたしは門である。わたしをとおってはいる者は救われ、また出入りし、牧草にありつくであろう。  盗人が来るのは、盗んだり、殺したり、滅ぼしたりするためにほかならない。わたしがきたのは、羊に命を得させ、豊かに得させるためである。  わたしはよい羊飼である。よい羊飼は、羊のために命を捨てる。 羊飼ではなく、羊が自分のものでもない雇人は、おおかみが来るのを見ると、羊をすてて逃げ去る。そして、おおかみは羊を奪い、また追い散らす。 彼は雇人であって、羊のことを心にかけていないからである。 わたしはよい羊飼であって、わたしの羊を知り、わたしの羊はまた、わたしを知っている。 それはちょうど、父がわたしを知っておられ、わたしが父を知っているのと同じである。そして、わたしは羊のために命を捨てるのである。 わたしにはまた、この囲いにいない他の羊がある。わたしは彼らをも導かねばならない。彼らも、わたしの声に聞き従うであろう。そして、ついに一つの群れ、ひとりの羊飼となるであろう。 父は、わたしが自分の命を捨てるから、わたしを愛して下さるのである。命を捨てるのは、それを再び得るためである。 だれかが、わたしからそれを取り去るのではない。わたしが、自分からそれを捨てるのである。わたしには、それを捨てる力があり、またそれを受ける力もある。これはわたしの父から授かった定めである」。 
ヨハネによる福音書 10:7-18

Then said Jesus unto them again, Verily, verily, I say unto you, I am the door of the sheep. All that ever came before me are thieves and robbers: but the sheep did not hear them. I am the door: by me if any man enter in, he shall be saved, and shall go in and out, and find pasture. The thief cometh not, but for to steal, and to kill, and to destroy: I am come that they might have life, and that they might have it more abundantly.
I am the good shepherd: the good shepherd giveth his life for the sheep. But he that is an hireling, and not the shepherd, whose own the sheep are not, seeth the wolf coming, and leaveth the sheep, and fleeth: and the wolf catcheth them, and scattereth the sheep. The hireling fleeth, because he is an hireling, and careth not for the sheep. I am the good shepherd, and know my sheep, and am known of mine. As the Father knoweth me, even so know I the Father: and I lay down my life for the sheep. And other sheep I have, which are not of this fold: them also I must bring, and they shall hear my voice; and there shall be one fold, and one shepherd. Therefore doth my Father love me, because I lay down my life, that I might take it again. No man taketh it from me, but I lay it down of myself. I have power to lay it down, and I have power to take it again. This commandment have I received of my Father.
Gospel of John 10:7-18

Thursday, March 10, 2016

私たちは覚えています We Remember


主イエス・キリスト被害者と家族を祝福します

Lord Jesus Christ, bless the victims and families.





Thursday, November 12, 2015

イエスの人生。(日本語) The Life of Jesus.

子供のためのイエス·キリストの物語-日本語

The Story of Jesus for Children in Japanese 

  

 

Sunday, November 8, 2015

ピューリタンクリスマス Puritan Christmas

ピューリタン教会は なぜ クリスマス を 祝わ ない の です か。

  • イエス は,自分 の 誕生 で は なく 死 を 記念 する よう 命じ まし た。―ルカ 22:19,20。
  • イエス の 使徒 たち と 初期 の 弟子 たち は,クリスマス を 祝い ませ ん でし た。「新 カトリック 百科 事典」(英語)に よれ ば,「キリスト 降誕 の 祭り が 行なわ れる よう に なっ た の は,早く とも[西暦]243 年 以降」で あり,使徒 たち の 最後 の 一 人 が 亡くなっ て 1 世紀 以上 たっ て から の こと です。
  • イエス の生ま れ た 日 が 12 月 25 日で ある こと を 示す 証拠 は あり ませ ん。聖書 中 に 誕生 の 日付 は 記さ れ て い ませ ん。
  • クリスマス は,異教 の 慣習や 儀式 に 由来 する の で,神 に 是認 さ れ て い ない,と わたしたち は 考え て い ます。―コリント 第 二 6:17。




クリスマス を,異教 に 由来 し 聖書 的 根拠 は ない と 分かっ て い て も 祝う クリスチャン は 少なく あり ませ ん。それら の 人 は,なぜ 世間 の 不評 を 買っ て まで クリスマス の 祝い を 避ける の か,問題 に する 必要 は ない の で は ない か,と 言う こと でしょ う。

聖書 は クリスチャンに,自分 で 考え,「理性」を 働か せる よう 勧め て い ます。(ローマ 12:1,2)また,真理 つまり 真実 を 重んじる よう 教え て い ます。(ヨハネ 4:23,24)ですから わたしたち は,他 の 人 から どう 思わ れる か を 気 に かけ ない わけ で は あり ませ ん が,聖書 の 諸 原則 に 付き従い ます。たとえ 世間 の 不評 を 買う と し て も,そう する の です。

ピューリタンは,クリスマス を 祝わ ない こと に し て い ます が,個々 の 人 の 決定 する 権利 を 尊重 し ます。他 の 人 の 行なう クリスマス の 祝い を 妨害 し たり は し ませ ん。

世界 中 で 非常 に 大勢 の 人々 が,様々 な 理由 で クリスマス を 祝い ます。友人 や 家族 と 一緒 に 楽しく 過ごす 人 も いれ ば,神 に つい て 考え たり,困窮 し て いる 人 たち を 助ける 慈善 活動 を 行なっ たり する 人 も い ます。それ 自体 は,確か に 価値 の ある こと です。しかし この 祝祭 に は,そう し た こと に 暗い 影 を 落とす 良く ない 面 が あり ます。

第 1 に,クリスマス は イエス の 誕生 日 だ,と 信じ て 祝っ て いる 人 が 少なく あり ませ ん が,歴史 家 たち は 一般 に,イエス の 誕生 日 は 特定 でき ない と いう こと で 意見 の 一致 を 見 て い ます。「クリスチャン の 質問 集」(英語)に は,「初期 の キリスト 教徒 は,あらゆる 異教 の 慣行 と の 関係 を 絶つ」こと を 望ん で い た の で「イエス の 誕生 し た 日 を 特別 視 し よう と は し なかっ た」と 述べ られ て い ます。興味深い こと に,聖書 に も,イエス が 自分 自身 や 他 の だれ か の 誕生 日 を 祝っ た こと を うかがわ せる もの は 何 も あり ませ ん。イエス は,誕生 日 で は なく 自分 の 死 を 記念 する よう 命じ まし た。―ルカ 22:19。

第 2 に,多く の 学 者 たち は 異口同音 に,クリスマス に 見 られる 風習 の ほとんど は,キリスト 教 で は ない 異教 の 習慣 に 由来 する,と し て い ます。サンタクロース や,ヤドリギ,クリスマスツリー,プレゼント の 交換,キャンドル,ユール ・ ログ(大きな 薪),リース,クリスマスキャロル など が それ です。そう し た 風習 の 一部 に 関し て,「カトリック 教会 の 外観」(英語)と いう 本 に は,こう 述べ られ て い ます。「わたしたち の うち,クリスマスプレゼント を 贈っ たり 贈ら れ たり し,自宅 や 教会 に 緑 の リース を 飾る 時,これ は 異教 の 習慣 か も しれ ない,と 思う 人 が どれ ほど いる だろ う か」。




それでも,それら の 習慣 は 悪い もの で は ない の で,し て も いい の で は ない か,と 思う 人 も いる こと でしょ う。答え を 得る ため に,次 の 第 3 の 点 に つい て 考え て み て ください。エホバ 神 は,清い 崇拝 に 異教 の 習慣 を 混ぜる こと を 是認 さ れ ませ ん。神様 の 崇拝 者 で あっ た 古代 イスラエル の 人々 が 正しい 道 から それ た 時,神様 は 預言 者 アモス を 通し て,「わたし は あなた方 の 祭り を 憎み,これ を 退け た。……あなた の 歌 の 騒々しさ を わたし の もと から のけ よ」と お告げ に なり まし た。―アモス 5:21,23。

神 様が その よう な 厳しい 言い方 を なさっ た の は なぜ でしょ う か。古代 イスラエル の 北 王国 の 人々 は どんな こと を し て い た の でしょ う か。初代 の 王 ヤラベアム は,ダン と ベテル の 両 都市 に 金 の 子牛 を 置い て,民 が それら の 像 を 崇拝 する よう に させ まし た。エルサレム の 神殿 で 正しく神 を 崇拝 する 代わり に そう する よう,仕向け た の です。また,種々 の 祭り を 制定 し,祭司 たち を 任命 し て 民 が 祭り を 祝える よう に し まし た。―列王 第 一 12:26‐33。

それら イスラエル 人 が 行なっ て い た 事柄 に は,もっとも らしい 理由 が あり まし た。そう し た 事柄 すべて を,神 を 崇拝 し 喜ばせる ため と いう こと で 行なっ て い た の です。しかし,神 が アモス や 他 の 預言 者 を 通し て お告げ に なっ た 厳しい 言葉 は,それら の 慣行 に 対する 神 の お気持ち を はっきり 示し て い ます。神 は 預言 者 マラキ を 通し て,「わたし はあなたの神 で あり,わたし は 変わっ て い ない」と 言明 し て おら れ ます。(マラキ 3:6)その こと から,今日 の クリスマス に 関連 し た 多く の 祝い事 を 神 が どう 思っ て おら れる か,明らか で は ない でしょ う か。

以上 の こと を 考え て クリスマス を 祝わ ない こと に し た 人 が 大勢 い ます。それら の 人 は,年間 を 通じ て いつ で も 自分 の 望む 時 に,友人 や 家族 と 一緒 に 時 を 過ごし たり,困窮 し て いる 人 たち を 助け たり し て,喜び と 満足 を 味わっ て いる の です。




Why don’t Puritans celebrate Christmas?

  • Jesus commanded that we commemorate his death, not his birth.—Luke 22:19, 20.
  • Jesus’ apostles and early disciples did not celebrate Christmas. The New Catholic Encyclopedia says that “the Nativity feast was instituted no earlier than 243 [C.E.],” more than a century after the last of the apostles died.
  • There is no proof that Jesus was born on December 25; his birth date is not recorded in the Bible.
  • We believe that Christmas is not approved by God because it is rooted in pagan customs and rites.—2 Corinthians 6:17.


Many Christians still celebrate Christmas despite knowing about its pagan roots and lack of support from the Bible. Such persons could ask: Why should Christians take such an unpopular stance? Why make it an issue?

The Bible encourages Christians to think for ourselves, to use our “power of reason.” (Romans 12:1, 2) It teaches us to value the truth. (John 4:23, 24) So while we are interested in how others view us, we adhere to Bible principles even if it means that we become unpopular.

Although Puritans choose not to celebrate Christmas ourselves, we respect each person’s right to decide for himself in this matter. We do not interfere in the Christmas celebrations of others.

Millions of Christians worldwide celebrate Christmas for various reasons. Some enjoy festive times with friends and family. Others think about God or devote time to helping the poor or needy. By themselves, these are undoubtedly worthy deeds. However, they are clouded by the dark side of this holiday.

First, many celebrants believe that Christmas is a birthday celebration for Jesus. However, historians widely concur that the date of his birth is unknown. The Christian Book of Why notes that “the early Christians refused to set aside a date marking Jesus’ birth” because they wanted “to divorce themselves from all pagan practices.” Interestingly, the Bible gives no indication that Jesus ever celebrated his own birthday or anyone else’s. In contrast, he did command his followers to commemorate his death.—Luke 22:19.

Second, many scholars agree that most Christmas traditions have their roots in non-Christian and pagan customs. These include Santa Claus, as well as using mistletoe and the Christmas tree, exchanging gifts, burning candles and Yule logs, hanging decorative wreaths, and caroling. Regarding some of these customs, the book The Externals of the Catholic Church observed: “When we give or receive Christmas gifts, and hang green wreaths in our homes and churches, how many of us know that we are probably observing pagan customs?”

You, though, may wonder what is wrong with following these seemingly innocent customs. Consider this third point as an answer. God does not approve of the blending of pagan customs with pure worship. Through His prophet Amos, God said to His wayward worshippers in ancient Israel: “I hate, I despise your festivals . . . Spare me the din of your songs.”—Amos 5:21, 23.

Why such strong words? Consider what the people of the northern kingdom of ancient Israel were doing. Their first king, Jeroboam, placed golden calves in the cities of Dan and Bethel and induced the people to worship these rather than to worship God properly at the temple in Jerusalem. The king also instituted festivals and appointed priests to help the people celebrate them.—1 Kings 12:26-33.

What those Israelites did was seemingly for a good cause. After all, were they not doing all these things in the name of worshipping God and pleasing him? God’s strong words through Amos and other prophets indicate clearly just how God felt about such practices. Through the prophet Malachi, God said: “I am your God; I do not change.” (Malachi 3:6) Does that not tell us how God feels about the many Christmas celebrations today?

After considering the above facts, millions of people have decided to abstain from celebrating Christmas. Instead, they find joy and true satisfaction in spending time with their friends and family and in helping the poor and needy whenever they wish throughout the year.