日本ピューリタン教会 We Are the Japanese Puritan Church

Saturday, September 2, 2017

テキサスを助ける Help Texas





テキサス州の災害犠牲者を支援するために、このウェブサイトをご覧ください:テキサスを助ける

To help victims in Texas affected by Hurricane Harvey please visit: Help Texas


Tuesday, August 29, 2017

名城公園 Meijo Park



名城公園のホームレスを養う。
Feeding homeless in Meijo Park.

Sunday, August 20, 2017

ローマの信徒への手紙 10:9,10



すなわち、自分の口で、イエスは主であると告白し、自分の心で、神が死人の中からイエスをよみがえらせたと信じるなら、あなたは救われる。  なぜなら、人は心に信じて義とされ、口で告白して救われるからである。 

that if thou shalt confess with thy mouth the Lord Jesus, and shalt believe in thine heart that God hath raised him from the dead, thou shalt be saved.  For with the heart man believeth unto righteousness; and with the mouth confession is made unto salvation.

Tuesday, August 1, 2017

牧師候補者 Pastoral Candidate


 

ライアン · ネズビトさんのために祈ってください。
4年間の牧師訓練を開始します。 
スポンサー教会: 春日井キリスト教会

Please pray for our candidate for ministry Mr. Ryan Nesbit.
He begins 4 years of pastoral training.

Sponsoring Church: Reformed Church of Kasugai

Monday, March 27, 2017

善良なサマリア人 The Good Samaritan

愛知県春日井市のホームレス

イエス様は良いサマリア人の例え話を話しました。今日、私達の勤めとは、その良いサマリア人のようになる事です。それで、自分の隣人はどなたであるか、又、どのようにその隣人を助ける事が出来るか話しましょう。
モーセの律法は言います、『隣人を自分のように愛しなさい』と。イエス様はそれが正しいと言われました。しかし、律法の専門家が聞いたように、「では、わ たしの隣人とはだれですか」と。辞書を調べれば、隣人が自分の家の近くに住んでいる人、となりの家の人と定義するでしょう。しかし、イエス様の定義は違い ます。「隣人」とは、隣人を必要とする人です。又、今日の福新書の日課の律法学者の言葉を使いますと、隣人とは「その人を助けた人です。」口語訳聖書の言 葉が好きです:「その人に慈悲(じひ)深(ぶか)い行いをした人です。」それは憐れみです。ですから、「あの人が私の隣人かどうか」と聞かないで、「私が その人の隣人かどうか」と聞きましょう。「私が愛と憐れみ深い人であるかどうか」と聞きましょう。
例え話の中には、祭司とレビ人がいます。二人ともはその泥坊に襲われた人を見ましたが、二人ともが道の向こう側を通って行きました。近くにいなければ、と なりにいなければ、その人の隣人にならなくても良いように思ったでしょう。しかし、隣人になる事は、測る距離で決める訳ではありません、特に、現代の世界 にはそうです。私達の隣人とは、私達の愛と憐れみを必要とする人です。現代の世界では、遠く離れている人にも、いろいろの方法で愛と憐れみを表す事が出来 ます。それこそが福音のメッセージではありませんか?私達は決して神様から遠く離れていないので、神様はいつも御自分の愛と憐れみを表す事が出来ます。天 国が遠くても、神様が御子イエス様をこの世に遣わして下さいました、また、聖霊を私達の心と人生に送って下さいました。
良いサマリア人の例え話のもう一つの大きい教えとは、そのサマリア人は、ユダヤの国の隣の国か地方から来た人です。そして、昔から、ユダヤ人とサマリア人 は敵でした。その祭司とレビ人は、自分達の同じ国の人を助けなかったが、そのサマリア人は、自分の敵を助けました。その人を助ける前に、いろいろの質問を しませんでした。泥坊に襲われた人の国籍、宗教、政治的信条, 道徳、生活振り、経済状態などを聞きませんでした。泥坊は、彼の服や身分証明書をはぎ取って、なぐりつけて、半殺しにしたので、襲われた人は話したり説明 したりしなかったでしょう。
分かりますか?この点が一番大切でしょう。即ち、私達の隣人はいつも自分と同じ人間ではないです。必ず自分の好きな人や自分の友達ではありません。その人 を助けたくない時があれば、その人が苦しんでも良いと思います。いろいろの理由で、人を助けたくないでしょう。例えば、教会の郵便の中で、いろいろのチャ リティから募金を求める手紙が来ます。ちゃんとした立派な団体です。しかし、その食べ物のない人がクリスチャンではないインドネシア、又、バンラデシュの 国の人でしたら、あんまり憐れみや同情がありません。自分のヘンケンが気をつける瞬間、自分の良心が刺されています。それで分かって来たのは、本当の慈善 (じぜん)と愛は、質問をしないで、ただ、どうやって自分が手伝けできるかと聞きます。神様は雨と太陽と食べ物を、金持ちにもびんぽうな人にも、良い人に も悪い人にも、信者にも異教の人にも、無神論者にも与えるからです。神様は人々には何が必要か分かるので、神様こそは素晴らしい良いサマリア人です。
イエス様は素晴らしい良いサマリア人です。同時にイエス様は追いはぎに襲われた人のようです。十字架上にいる時、二人の泥坊の間にいました。イエス様も服 をはぎ取られ、殴り(なぐ)つけられ、十字架上で完全に殺されました。このようにして、私達を見つけました。私達も、罪や悪魔によって、服をはぎ取られ、 なぐりつけられて、半殺しになりました。通り過ぎないで、イエス様は私達の所に来られました。これはクリスマスの意味です。インマヌエル、神様が我々と共 にいる事です。私達を憐れんで下さいました。福音の赦しの油で私達の傷を癒して下さいました。聖餐式のぶどう酒です。教会である宿屋に連れて行きました。 再び来られるまで、再臨の時までに、そのクリスチャンの交わりの中で、介抱します。それは憐れみです。それは良い隣人です。
今日の福音書の日課の最後に、イエス様はその律法学者や私達にも話します、「行って、あなたも同じようにしなさい。」同じようにする為に、模範が必要で す。ほかの人の愛と親切を見て、私達も同じする事が出来ます。その模範とは、私達の両親、指導者、良い友達です。今日の旧約聖書のレビ記の日課には、他の 人と共に活きるアドバイスを与えます。モーセの律法のなかに書かれていますが、「隣人を自分のように愛する」事です。マルチン・ルターの小教理問答書の十 戒の説明はそうです。例えば、「殺してはいけない」だけではなくて、「人を活かす、隣人を手伝って、その人に友達になる事です」。又、「嘘を言う事がいけ ない」だけではなくて、自分の言葉や振る舞いで、友達を立たせる事です。
それで、もし良い良いサマリア人になりたいと思いましたら、イエス・キリストに従っている人を見てその人達に従って、あなたも、「行って、あなたも同じようにしなさい。」
アーメン。 

Jesus told the parable of the Good Samaritan. It is our job today to become like that Good Samaritan. And so we need to know who our neighbor is and how to help that neighbor.
Jesus supported the Law of Moses that says, “You shall love your neighbor as yourself.” But, as the Lawyer asks, who is our neighbor? The dictionary might say that “neighbor” is someone who lives in your neighborhood, perhaps next door or nearby in the “Nearhood.” But that is not the definition of Jesus. A “neighbor” is anyone who needs a neighbor, or using the words of the Lawyer in the Gospel reading, a “neighbor” is someone who shows mercy. Or rather than asking, “Is he or she my neighbor?” ask “Am I his or her neighbor?” “Am I a person of love and mercy?”
In the parable, the priest and the Levite both “passed by on the other side” of the road from where the stricken man was. They did not want to be near him, so they could justify themselves as not being near enough to be his neighbor. But being a neighbor has nothing to do with measurable distance, especially in our global world today. Our neighbor is someone who needs our love and mercy. In our global world today, even toward people far away, there are various ways that we can show that love and mercy. And isn’t that the message of the Gospel? We are never too far away from God for Him to show his love and mercy. And even if Heaven were far away, God sent his Son Jesus into this world, and sent the Holy Spirit into our hearts and lives.
Another big teaching of this parable is that the Samaritan was a foreigner from the neighboring country, but still a traditional enemy of the Jews. The priest and the Levite did not help their fellow countryman, but the Samaritan helped his enemy. Before helping him, the Samaritan did not question the victim about his nationality or religion or political beliefs or his morals or his orientation or economic stasis, etc. etc. The thieves had striped him and taken any identification and left him half dead so he wouldn’t have been able to talk and answer questions anyway.
Do you get this point? This is probably the most important. Our neighbors are not always like ourselves. They are not always people we like, nor our friends. We often do not want to help them and do not care if they suffer or not! We might even be glad that they suffer! Or we might be reluctant to help them because of many different reasons. For example: Often in the church mail there are letters from various charities asking for help. They are legitimate and good organizations. But sometimes I do not feel very sympathetic to the letters about the staving people in Bangladesh or Indonesia who are not Christians. And when I realize my prejudice, my conscious is pricked. And so I have learned that real love and charity does not ask questions, except the question of how I can help. God gives rain and sun and food to both the rich and the poor, to the good and the bad, to believers and pagans and atheists. God knows what people need, and so he is the Great Good Samaritan.
Jesus is the Great Good Samaritan, and at the same time, he was like the man who fell among robbers. Or rather than falling, he was raised up between two robbers on the cross. He likewise was stripped and beaten. He was left to die on the cross and was buried. And in that way, he found us when we were stripped and beaten by sin and the devil and left half dead. He did not pass us by, but rather came to us. That is the Christmas story of the Incarnation. Immanuel, God is with us. He did not pass us by. He had compassion on us. He binds up our wounds through the soothing gospel oil of forgiveness. It is the wine of the Holy Communion. He carries us to the inn of the church and to Christian fellowship where we are taken care of until he comes back, at the time of his Second Coming. That is mercy. That is being the Good Neighbor.
At the end of today’s Gospel reading Jesus speaks to the Lawyer, and to us. “You go, and do likewise.” I think it is important that we have models to follow so that we can do likewise. We need to see the love and charity of other people and “do likewise.” We need role models, like our parents or our leaders or good friends. In today’s Old Testament reading from Leviticus, there is some advice of how to live with other people. It is set in the Law of Moses, but gives guidelines for how to “love your neighbor as yourself.” We see how this is done in the explanation of the Ten Commandments in the Small Catechism of Martin Luther. Not just “do not murder” but “make alive,” help and befriend your neighbor. Not just “do not lie and bear false witness” but support and build up your friend in what you say and do.
And so, if you want to be a good Good Samaritan, follow those who follow Jesus Christ and “go, and do likewise.”